優れた技術者を集めるためには、単に求人案件を出して、人材を採用するというだけではありきたりである。新しい試みにチャレンジして、埋もれている優れた人材をハックするすることも必要なのだ。手段としては、コンテストを開く手段がある。プログラミングに関するコンテストを開催し、定められた課題に対していかに有効なプログラムを残すことができたかについて、競い合うことができる。コンテストを開けば、そこから優れた才能を持つプログラマが出てくることにも期待が持てる。

コンテストを開催するには、モチベーションを高めるためのインセンティブが必要である。優勝者に対する賞や特典を設け、参加者を多く確保することができる。既に業界で活躍しているプログラマからの参加が期待できるだけに留まらず、これから成長する可能性があるような若者のプログラマを見い出すことにも、コンテスト参加者の募集は高い効果がある。

このような技術者採用のためのコンテストを開催する事は、開発会社にとっての宣伝効果も見逃すことができない。コンテストを開くとなれば、メディアから注目が集まり開発会社の名前も露出する。一方で、多くの企業が既にコンテストを開催していることもあって、その中から参加者を多く獲得するためには、開催にあたって何らかの工夫を必要とする。賞金額や特典の内容などを工夫すれば、世間から注目を集めて、有望な人材が獲得できるチャンスが増える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です