フリープログラマとして仕事をしていく道を選んだ場合には、エージェントを活用して仕事の獲得を行うという方法を選ぶことが多い。これはプログラミングにおいては時間と労力が貴重であるため、営業活動に時間を割いていると仕事に費やせる時間が短くなってしまい、納期に間に合わなくなってしまうリスクやその完成品の質に影響が出てしまう可能性があるためだ。

一方で、フリーランスで生活をしていくためには請けられる仕事を増やすという視点が重要となるが、高収入を望むのであればそれに加えて高額案件を請けられるようにするという視点も必要になる。フリープログラマが仕事の契約を勝ち取るためには客観的に能力があることを示せる事実が重要視される傾向にあり、募集要件として特定の開発言語を用いて開発業務に携わった実務経験が含まれていることも多い。

資格試験や認定試験は時間があれば合格することは可能であっても、実務経験を増やすためには仕事を請け負う他に方法はない。そのため、請けられる仕事の選択粗を増やしていくことを目的として、実務経験が募集要件になっていない仕事を請け負って様々な開発言語を用いた実務経験を積んでいくという視点も重要となる。

将来的に請けられる仕事の幅を広げ、高額案件も請けられるようになるためにはスキルアップだけでなく時代の潮流に合わせて適切に未経験領域に足を踏み入れて実務経験を積んでいく必要が出てくるのだ。
このような背景から、初めて取り組む作業も多くでてくるであろうフリーランスだが、逆に誰でも未経験から出来るとうことになる。【異業種からプログラマOK?IT業界の募集事情

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です